キャバクラやクラブでの男性スタッフの仕事はたくさんあります。

お店の第一印象が決まる大事なポジション

最初はホールやウエイターの仕事が中心ですが、お店の中で評価されていくと、フロント業務やリスト・タイマー業務を任されるようになります。

今回はフロント業務について簡単に紹介しましょう。

フロント係の仕事内容は、一言でいうと「お店の顔」。

入り口係としてお客様を一番初めにお出迎えする役割で、初めてのお客様にとってはここでそのお店の第一印象が決まってしまうような大事なポジションです。


お店の中での評価は間違いないものになる

フロント係には押さえておくべきポイントがいくつもあります。

第一に、お客様の顔や名前をしっかりと覚えて、指名のキャストやキープボトルまでお客様の好みを覚えるということ。

次に、お客様の人数やフロアの席の空き状態、出勤キャストさんの人数などのホールの様子をきちんと把握して、お客様に笑顔でスムーズな案内をするということ。

最後に、お店やお客様の状況を理解して臨機応変に対応するということです。

これらのことがしっかりとできるかできないかで、一流のフロントと二流のフロントとの差が生まれてくるんですね。

お客様との接点として最初から最後まで全体をコーディネイトする仕事ですので、かなりハードな仕事内容ですが、一流のフロントとしてこれらのポイントを行動に移すことができれば、お店の中での評価は間違いないものとなるでしょう。